【駐在妻】帰国後の再就職はキャリアの維持がカギになる!4つの提案

夫の海外赴任についてきたけど、帰国したら働きたい!と思っている駐妻の方ってとても多いですよね。

でも、こんなにブランクがあるのに働けるかしら…

大丈夫です。私も10年以上のブランクがありましたが、無事好きな仕事をしています。

こんな疑問はありませんか?
  • ブランクを埋めるために資格って取っておいたほうがいいかな?
  • 資格っていつから勉強すればいい?
  • 海外でも在宅ワークってできるの?
  • 海外に住んでいても帰国後の就職先って探せる?
  • 派遣会社とエージェントの違いって何?どっちがいいの?
  • 趣味を活かせる仕事ってできないのかな?

今回は、キャリアを維持もしくはスキルアップしつつ、スムーズに再就職するための準備を4つ、提案をしてみたいと思います。

目次

キャリアアップ!資格取得はいつから?なにを勉強すればいい?

予定表

資格取得はずばり、思い立った時がはじめ時。

今までやっていた仕事関係の資格を取ってレベルアップするのもいいですし、やったことがない分野にチャレンジするチャンスでもあります。

ブランクはステップアップのチャンス

そもそも、駐在中のブランクってすごく不安ですよね。

その時に慌てないように、時間のある駐在中に資格取得を考えておきましょう。

資格取得に関しては、早すぎる、遅すぎるということはありません。

何かやろうかな!こんなことやりたいな!

と思った時がはじめ時。

帰国後の就職先がある程度決まっている方は、今までやっていた仕事よりもワンランクアップの仕事ができるような資格がおすすめ。

資格を取ることで、実社会とのつながりを感じることができますし、何より、自分に自信がつきます。

例えば、経理や事務系の仕事をやっていたなら、簿記2級を取るとか、社会保険労務士、行政書士にチャレンジ!とか。

ファイナンシャルプランナーも人気のあるお仕事ですよね。

本帰国先がどこかわからない場合

本帰国先がどこになるのかわからない…

という場合は、医療系の資格がおすすめです。

病院は全国各地にあるので、資格を持っていればどこでも働きやすいというメリットがあるんです。

医療系といっても、医療事務や介護事務であれば事務のお仕事なので、実際患者を診るということはありませんし、比較的取りやすい資格でもあります。

医療系以外だと、食育系も人気です。

家族の健康を考える上ではとても大切な資格の一つですよね。

食育系資格を持っていれば、どこかに就職できるといった直接的な資格というわけではありませんが、十分にアピールできる資格であることは間違いありません。

就職以外でも、例えばInstagramやブログなどに自分の作った料理の写真や、駐在先の国際色豊かな食事の写真を載せる時も、「食育アドバイザー」の肩書があると、すごい!ってなりますよね。

食育系はかなりたくさんの種類の資格があるので、食に興味がある方はぜひ、チャレンジしてみてください。

⇒食育系資格へリンク(工事中)

また別の国に行く可能性が高い場合

帰国した後、また別の国にスライドする可能性がある場合、美容系資格にチャレンジしてみませんか?

アメリカで、日本人がネイルやまつエクをやってくれる自宅サロンは結構人気でした!

もともと美容師の資格を持っているとか、エステティシャンであれば、迷うことなく自宅サロンを開いてほしい!

都会に行けば違うのかもしれませんが、アメリカの美容師って…「マジで???」っていう人も多く、日本人が経営しているっていうだけでかなりの大盛況。

でも、今から美容師資格を取るのは無理に近いので、おすすめはネイリストやまつエク!

これだと、今から勉強しても遅くない!

海外駐在妻は美容関係に飢えている方が多いので海外の自宅サロンを開くのも夢ではありません。

スキンケアやネイルなどが好きな方は、美容系資格はおすすめですよ!

キャリア維持?在宅ワークってどうなの?海外でもできるの?

パソコンで仕事

海外で暮らしていると、ずっと仕事をしない生活に慣れてしまって、帰国後に再就職・社会復帰できるかすごく不安ですよね…。

私は10年以上も海外で暮らしていたので、帰国後仕事できる気がしませんでした(笑)

なので、ほんのちょっとでもいいので、何か仕事をし続けることをお勧めします。

実は、海外でも働ける在宅ワークも少数ですがあるんです!

在宅ワークはこんな人におすすめ!

  • すこしずつ仕事復帰をしたい。
  • これからキャリアアップを目指したい。
  • スキルはあるけど、海外では働く場所がない。
  • 海外に住んでいる経験を活かした仕事をしたい。

在宅ワークが初めてなら、【ママワークス】がおすすめ。

名前の通り、働く「時間」と「場所」を自由に選べる全国のママさんを応援する求人サイトです。

  • 未経験でも働けるお仕事
  • 子育ての合間に効率よく稼げるお仕事
  • 内職や事務系から、営業・クリエイティブ系まで

ありとあらゆる職種がそろっています

\働く「時間」と「場所」を自由に選べる/
主婦のための求人応援サイトママワークス

境遇の似たママたちがたくさん登録しているので安心!

また、海外経験を活かして「Webライター」としてスキルを磨いていきたい!というかたは、クラウドワークス もおすすめ!

在宅ワークに関してもっと知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

帰国後すぐ働きたい!でも転職エージェントって敷居が高そう

教えてもらう

働く理由って、いろいろありますよね。

もちろん、お金をもらいたい!というのは大前提ですが、それ以外にも社会とのつながりが無くなることが、すごく不安で仕方がなかったです。

もし、帰国がまだ決まっていなくても、帰国後すぐに働きたいというかたは、

今すぐいくつかの転職サイトや転職エージェントに登録しておきましょう。

エージェントっていうと、なんかちょっと敷居が高そうな、バリキャリのにおいがしますが、

大丈夫です。安心してください!

そもそも、転職エージェントというのは転職支援のプロが、マンツーマンでキャリアカウンセリングをしてくれて、いろんな相談に乗ってくれるのが特徴なんです。

転職サイトが、自分で求人を見つけてくるのに対して、転職エージェントは私たちと企業の橋渡し。

ブランクもあるし、全然スキルが足りないんじゃないかしら…

と思っていても、相談してみたら十分通用する!なんてことも。

駐在中はキャリアについて相談する人もいないので不安がいっぱいですし、帰国後すぐ仕事を始めたいけど、何を準備したらいいのかわからないことが多いです。

ただ、転職エージェントはどんな求人があるのか基本的には非公開なのでわかりません。

なので、一緒に転職サイトにも登録しておいて、帰国後の働きたいイメージを固めておくのがおすすめ。

転職エージェント
転職サイト
  • 専任のコンサルタントがついて、キャリア相談ができる
  • 求人はクローズド
  • 条件交渉や面接の日程調整まで、面倒な手続きはすべてやってくれる
  • 基本的には自分で求人を探して応募する
  • 求人はオープン
  • 条件交渉などはすべて自分で

どちらにもメリットデメリットがあるので、まずは転職サイトでどんな職業が、どれくらいの時給・もしくは月給で、どんな条件で…ということを細かくリサーチしておいて、そこでよい物件があれば申し込むのもOK。

もっとキャリアを活かしたい、もしくは自分のキャリアを知りたい、どれくらい通用するのか教えて欲しいといった場合は、転職エージェントに登録をするといいと思います。

転職エージェント、転職サイトに関しての詳しい記事はこちらを参考にしてくださいね。

帰国後は仕事だけじゃなく趣味も楽しみたい

趣味

帰国後はもちろん働きたいけど、バリキャリを目指しているわけではないし…

まだ子供も小学生だし、フルタイム残業ありとかちょっと無理…

といった方。

フルタイム再就職ではなく、短時間だけ働く派遣会社や、パート・アルバイトから始めてみませんか?

派遣登録やパート・アルバイトを探す

海外でやっていた在宅ワークを引き続きやってもいいけど、だれか人とも接したい。

といった方にもお勧めなのが、派遣登録やアルバイト・パートです。

女性の仕事探しを簡単にする求人サイトお仕事探し・求人紹介 ラシークなら、ブランクがあっても大丈夫。主婦・ママの”働く”を全力サポートといった特集があるので、久しぶりのお仕事でもちょっと安心、ちょっとワクワクしちゃいますよね。

\まずは公式サイトを見てください!特集を見るだけでも参考になります/

\ 女性の働くを全力サポート /

帰国後は、自分では気づいていないかもしれませんがかなり気持ちが張り詰めていて疲れていることも多いので、派遣やバイトのサイトに登録をしておいて、気に入った仕事があった時に働いてもいいと思います。

日本で仕事をすることに慣れてから、やっぱりもっと仕事をしたい!こんな仕事に就きたい!

と、ステップアップしても全然遅くありません。

私も最初はパートから始めました。

最初からフルタイムじゃなかったので、自分のペースに合わせて仕事ができたし、余裕ができてからは、資格を取ったり趣味も楽しんだり、

自分のための時間を無理なく作ることができました。

派遣、パートアルバイトサイトのおススメはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

趣味を生かした仕事を探してみる

そして実は、趣味を極めてみるのもいい方法だと思います。

私の友人は、アメリカでスクラップブッキングにはまって、自宅で小さな教室を開きました

中国の時の友達は、中国茶にはまって、そこから点心づくりの教室に通って、帰国後中国茶と甜品(中国スイーツ)のお店を開きました!

私も一時期、パン教室を開きたい、とか、カリグラフィで何か仕事ができないか、と検討しました。

私は人前でしゃべる仕事がしたかったので、講師の道を選びましたが、

何かしらの趣味を仕事につなげることを考えてみてください。

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】 なら、自分の得意やスキルが売れるんです。

何が得意なのかわからない…という方も、安心してください。

出品できるカテゴリーは200以上もあるので、まずは一度どんなカテゴリーがあるのか探しに行くのもワクワクしますよ。

まずは登録してみて、じっくりと自分のできる!得意!を探してみてください。

きっと誰かのお役に立てるはずです。

\ 登録無料!自分のスキルや得意が売れる /

\出品されているスキルを見ることもできますよ/

帰国後の再就職はキャリアの維持がカギになる!まとめ

予定表

いかがでしたか?

今回、帰国後の再就職をスムーズに進めるためにご紹介したのがこちら。

ブランクを埋めるためのキャリアアップって何をすればいい?

ブランクこそキャリアアップのチャンス!今まで時間がなくてできなかった資格の勉強をするのは今ですよ!

スキル維持?海外でもできる日本語OKな在宅ワークってある?

今は在宅勤務も増えてきています。もちろん海外でも働けるところも少しづつではありますが増えてきています。一度登録してみるのも手!

スムーズな再就職の準備って?

まずは転職サイトに登録して、どんな仕事があるのかどれくらいのレベルでできるのかを詳しくチャック!その時に気になる仕事に必要なスキルがわかれば、資格を取るなど準備ができます。

また、自分のスキルに合ったお仕事を探したい場合は、海外でも登録できる転職エージェントで、キャリアコンサルタントを受けるのも◎

バリバリ働くのはちょっと…せっかく海外で身につけた趣味も楽しみたい

自分の時間も欲しいなら、派遣会社やパート・アルバイトという手もあります。

また、自分の趣味を仕事にすることも可能なので、ココナラで出品したり、思い切って起業したりするのも夢がありますね!

帰国してしまうと、どうしてもいろんなことに時間を取られて、自分のことは後回しにしてしまいます。

少しでも、時間がある駐在中に資格を取ったり、転職サイトやエージェントに登録するなど、早すぎて困ることは無いので、しっかり準備をしておきましょう!

 

駐在中、ちょっと疲れたな…と思ったら、こちらのコラムもどうぞ♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

中国約4年アメリカ約6年の駐在生活を終え、子どもの中学・高校ダブル受験のため母子で帰国。
小6・中3で英検準1級合格。
偏差値69の大学付属私立中・高に同時合格。
そんな経験をこれから駐在する・駐在中・帰国する皆さんにお届けします。

コメント

コメントする

目次
閉じる