駐在妻になりたいかー!駐妻になる方法を真剣に考えてみた【体験談あり!】

駐在妻になりたいかーーーーーーーーー!!!!!

以前、駐在妻は勝ち組なのかという記事を書いたのですが、その時の記事では、

  • いやいや、駐在妻も結構大変よ~
  • お金持ちでもなければ、プライベートだってそれほど充実していないよ!
  • 何なら帰国後のこと考えたら、行先不安だよ…

なんてことを書いたのですが、

ふざけんな―ーーーそういうことを聞きたかったわけじゃない(怒)

とのお叱りの声を頂きました。

なので改めて、知り合い駐在経験者にいろいろと根掘り葉掘り聞いてみて、どうやったら駐妻になれるのか真剣に考え、まとめてみました

駐妻になりたい女子にも、また、海外で頑張って働いているのに出会いが全然ない独身駐在員男子にも、有益な情報をお伝えできるように頑張ります!

初めましての方へ、私Tomokaの簡単なプロフィールを紹介させてください。

  • 中国約5年、アメリカ6年駐在経験あり
  • 結婚は26歳の時。相手は普通のメーカー勤務サラリーマン
  • 結婚前の仕事はプログラマ(会社倒産)→派遣社員→契約社員
  • 中国語は喋れません
  • 英語は喋れません
  • コミュ障気味なので友達100人作れません

ごくごく普通の…なんならちょっとダメ寄りの女なんです…

目次

どうして駐妻になりたいの?どんな駐妻になりたいの?

パリピ

私は、入社した会社が(同期が150人くらいいる結構大きな会社だったのに)2年で倒産。

その後は都内での一人暮らしを何とか維持させるため、派遣で働き、働きながら資格を取って、少しでも条件のいい会社に転職できるように…と頑張っていました。

なので、海外旅行だって行ったことなかったし、駐妻っていう存在自体知らなかった。

でも、駐妻になったら専業主婦でも後ろ指さされないし、今までテレビでしか見たことがない海外の観光地に行けたりしたし、カルチャーショックが大きすぎて目からウロコがポロポロ剥がれ落ちました。 

こんな底辺寄りな私でも駐妻になれたんです。多分チャンスがあればだれでもなれる

どんな駐妻になりたい?

じゃあ、どんな駐妻になりたいのか?って皆さんイメージできてますか?

駐妻といっても、ピンキリ。

外交官のご婦人からメーカー社員まで、幅広い分野で海外に勤務している方がいらっしゃいます。

海外も、ヨーロッパ・アメリカ・アジアなど広範囲。

日本人も少なく、周りには何もない、水道や電気もあやういような…そんな場所でも「海外に住めるならどこでもいい!」わけじゃないですよね?

できるだけ素敵な国で、ちょとセレブな気分を味わえて…っていう、いわゆるみんなが想像してるちょっと憧れる感じの駐妻になりたいですよね!

だったら、どんな職業がどんな国・地方に駐在しているのか、事前に知っておく必要があります。

また、職業によっては2年に1回は別の国に…っていう、結構忙しいところもありますし、10年同じところで帰ってこれない(ウチだ…)なんてところもあるので、そこらへんは覚悟しておきましょう。

私自身は、中国とアメリカ2カ国しか住んでいませんが、

中国に住んでいたころは、週に2回お手伝いさんにお掃除をしてもらっていました。

大きなプール付きのマンションのかなり広めの21階に住み、朝から飲茶に行ったり、昼間からビールを飲んだりしていました。えへへ♪

アメリカでは、広いお庭の広い家に住み、子どもは英語ペラペラに(私は…英語ムズカシカッタ)

 

帰国後、帰国子女が8割の学校に入学したので周りは元駐妻さんばかりです。

その時に感じたのは、やっぱりヨーロッパ帰りはなんかカッコイイ。

スイス帰国です♪

とか言いたいっ!カッコイイ!って思っていました。

どうやったらスイスに駐在行けるんだろう…

どこの国がおすすめ?

私の調査では、

帰国後カッコイイ!といわれるのはヨーロッパ。

私の親友はパリ帰りですけど、やっぱりインスタとか見ると素敵すぎる!憧れる~

ただ、ヨーロッパは物価も高いし、案外街が古くて汚かったり。

子供の教育には、アメリカ駐在がよさそうです。

うちの子も、英語ペラペラになったし、なんて言っても自由の国。広大な敷地にバスケットゴールとか置いて、夏はバックヤードでバーベキュー。

アジア駐在の場合、お手伝いさんがつくので何となくセレブな雰囲気を味わうことができます。

それぞれ、長期休暇には近隣の都市や国に遊びに行ったり、海外旅行は十分楽しめます。

さあ、どんな駐妻になりたいのかイメージは固まってきましたか?

次は、実際に「海外に住む独身男性」の声をお伝えします。

実際、独身の海外駐在員男性は結婚したいけれど…

エグゼクティブな男性

今回は、ウチの夫の後輩たち数名と、アメリカ駐在中に知り合った友達の会社の独身社員たち数名に話を聞いたときの彼らの気持ちを代弁します。

結構ウチでホームパーティーをしていたので、独身社員たちの生の声ってよく聞いていたんですよ。

  • やっぱり異国の地で一人で暮らしていくのはとっても心細い。
  • 現地の独身コミュニティに入ったりしているけど、なんとなくワイワイ遊ぶのは楽しいけど、結婚となると…
  • で、一時帰国のたびに婚活パーティーに出席して、何度かお付き合いを繰り返すも、遠距離中の遠距離なので、自然消滅してしまう。

そうなんです。

海外勤務の独身男性は、結婚したい!結婚したい!結婚したい!って思っている人も少なくない!

で、見ました?彼らが一時帰国中に必ずやっていること。

婚活パーティーに参加する

です。

大事なことなので、太字にしてサイズ大きくして、ピンクのマーカーまでつけましたよ!

そうなんですよ。

結構みんな婚活パーティーに出席しているんです。

あとね、本気で結婚したい人は結婚相談所にも登録してますよ。

だって、本当に海外駐在独身男子は自分の力で結婚するのって難しい(涙)って思っている人が多いから。

じゃあどうやって駐妻になるの?【出会い方】

手をつなぐ男女

では、具体的に、どうやって出会うのか、実際の駐在妻にもいろいろ聞いてみましたよ。

ちなみに私は友人の紹介で出会いました(平凡ですみません…)

社内結婚後に海外駐在へ

まず、メーカー勤務で多いパターンが社内結婚ではないでしょうか。

私の友人知人から話を聞いても、やっぱり社内結婚が多かったので、

これから就職する人はぜひ「海外勤務者が多い会社トップ200ランキング(引用:東洋経済オンライン)」を参照して就職活動を頑張ってください!

ちなみに

  1. トヨタ自動車
  2. デンソー
  3. 三菱商事
  4. ソニー
  5. 三井物産
  6. 住友商事
  7. 三井住友銀行
  8. キャノン
  9. 三菱電機
  10. 丸紅

がトップ10です。

自動車関係の方は中国でもアメリカでもいっぱいいました。

11位以下も商社がずらり。やっぱり商社は強い。

そういえば、私のいとこも商社で世界を飛び回っていましたが、結婚はかなり遅めでした。

商社の場合はお金はあるけど時間がない、っていう方が多い印象です。

それ以外にも、自動車系メーカー、そして銀行系もまんべんなくいる印象ですね。

ちょっとまて!もう別の会社に就職しちゃったよ…

どうしても駐妻の座を狙いたい場合、転職するっていう手もあります。

ただ、闇雲に転職するのはおすすめしません。

海外勤務者が多い会社を参考にして、ピンポイントで転職しましょう。

 

\駐妻向けに書いた記事ではありますが、転職のヒントになるかも…/

日本にいながら探す場合

わざわざ転職までするのは現実的ではないですよね。

私の周りでは社内結婚が多いとは書きましたが、絶対社内結婚じゃなきゃダメということは全くありません。

 

前述しましたが、海外勤務の独身社員たちは一時帰国のたびに婚活をしていました。

彼らはいたって普通の男性。

仕事だってできるし、英語だってしゃべれます。

なんなら、学生時代スポーツをやっていてガタイもいいし、バーベキューの時も進んでお肉を焼いてくれるナイスガイ。

うちの子たちと一緒にトランポリンだって飛んでくれる、将来良いパパになりそうな…そんな巷ではハイスペックと呼ばれる彼らでも、海外にいるっていうだけで、

海外だと本当に出会いが無いんです…

じゃあ彼らは具体的に日本でどうやって婚活をしていたかというと。

婚活パーティーで相手を探す

AくんもBくんも、帰国のたびに婚活パーティーに行っていました。

ただ、海外勤務でもいい!と言ってくれる方がいても、離れている間に疎遠になっちゃうことも。

今の時代であれば、マッチングアプリなどを使ったり、婚活パーティー、街コンなど、海外にいても探すことは可能です。

ということは、逆に考えるとそういう人がたくさんいそうな婚活パーティー、結婚相談所などを使えば効率よく出会えるのではないでしょうか?

婚活アプリ

でも、ちょっと気を付けていただきたいのは、あんまり安価な得体のしれない婚活アプリやパーティーはおすすめしません。

軽いノリで参加してみるのも一つの手ではありますが、主催者がきちんとしていて、結婚を前提としたパーティーを選んでください。

たとえば、フィオーレパーティーは結婚相談所フィオーレが主催するパーティーなので安心感がありますね。

婚活イベントの今までの参加人数が11万人!

\ハイスペック男子も選べる安心の大手 /

また、もう一歩ハイスペックな婚活パーティーなら、プレミアムステイタスもおすすめ!

ここは「五大商社」特集があります!!!商社です!!!

累計参加人数も100万人突破で、男性の資格は必ずチェックしてくれるという安心サポートあり。

ここは行ってみる価値最大級にありですね!

\ ハイステイタス専門の街コン安心の100万人突破 /

実は私の後輩も、婚活イベントで結婚しています

何となく友達に誘われて婚活イベントに参加したところ、運命の出会いがあったんですよ。

海外駐在員の知り合いを作る、という軽いノリで、気軽に参加してみてもいいかもしれません。

思い切ってエグゼクティブな結婚相談所に入る

私の知人友人の駐在妻に話を聞いたところ(友人の友人などにも聞いてもらいました)

メーカー妻は社内結婚が多数。

が、

商社妻は、社内結婚よりも婚活パーティーや友人の紹介が多く、中には結婚相談所でピンポイントで狙っていました!という方も、思っていたよりも多くいました。(あくまでも、私の友人知人の統計ですが)

結婚相談所は星の数ほどありますが、駐在妻を狙うならエグゼクティブクラスの男性が多いところ一択です!

結婚
エクセレンス青山

フィオーレ
結婚
『Fusion Bridal』

スマリッジ
場所東京都港区青山近畿・中国・四国・九州Zoom・東京(飯田橋)・大阪(梅田)オンライン
エグゼクティブクラスありありありクラスは無し
登録会員数約85,000名約50,000名約70,000名約50,000名
無料トライアル無料見学
無料トライアルコース
無料見学
無料のマッチングシュミレーションあり
無料説明会なし
もしもの時の全額返金保証
公式サイトエクセレンス青山フィオーレ(資料請求)『Fusion Bridal』スマリッジ
※店名クリックで公式サイトにジャンプします

エグゼクティブクラスがあって、安心できる大手(日本結婚相談所連盟加入など)の一部をご紹介しました。

それぞれ特徴があるので、できれば公式サイトをじっくり見て研究してほしいです。

ただ、結婚相談所って本当にたくさんあるので、全部をチェックするのはすっごく大変…

そんな時は、結婚情報比較ネットで資料を一括請求してしまいましょう。

サイトを見ていただくとわかりますが、「自分にピッタリ」な相談所の資料を探すことができるんです。

自宅でじっくり数社を比較することができるのでありがたいですよね!

すでに資料請求が6万人を超えているのも、安心材料の一つですね。

\ パンフレットで比較するのがいちばん! /

周りに海外で暮らしたい!と宣言する

どうしても駐在妻になりたいのであれば、周りにそれを宣言したほうが絶対いい!

わたし、駐在妻に絶対なりたいんだよね♪

誰かに紹介してもらう時でも、「そういえば、駐妻になりたいって言ってたよね」と、商社の彼を紹介してもらえるかもしれません。

忙しい商社の彼は彼で「誰か良い人(海外行くのもOKな人)紹介してよ~」って言ってる可能性大です。

私のいとこの商社マンも、友達の友達の紹介で結婚しているので、やっぱり口コミって大事。

 

実際、私の先輩は、絶対医者と結婚する!と常々言っていましたが、

本当に、お医者さんと結婚しました!!!

駐在独身男性も頑張って未来のお嫁さんを探しています。

お互いのために、本当に良い出会いがありますように…

駐在妻になりたいかー!駐妻になる方法を真剣に考えてみた:まとめ

結婚

今回、どうしたら駐在妻になれるのか、ということをいろいろ調べてみました。

駐在経験のある友達に聞いてみたり、さらに友達の友達の話をねほりはほり聞いてみたり(笑)

私のように全く予期せぬ駐在もあれば、絶対に駐妻になりたいという強い希望を叶えた方たちもいて、いろんな人のいろんな出会いを聞くことができてとても楽しかったです。

調べた結果わかったことは、

  • 独身の海外駐在員は結婚したいけれど出会いがない
  • 出会いさえあれば、結構スムーズに結婚できる確率が高い
  • メーカーは社内結婚が案外多い
  • 商社マンは忙しすぎだけど、リッチさは№1
  • 出会いは婚活パーティーや結婚相談所で
  • 婚活パーティーや結婚相談所はエグゼクティブクラスがあるところを狙う!

駐在妻って、なってみたら大変なことも多いんですけど、それでも海外で暮らすことができるって何物にも代えられない貴重な経験です。

日本に住んでいるだけじゃ見えないことっていっぱいある。

なので、もし駐在妻になりたい!という夢を叶えたいと思っているなら、自分が積極的に動くことってとっても大事だと思います。

海外駐在中の独身男性も出会いを求めて頑張っています!

皆さんにも、そして夫の後輩A君・B君にも、素敵な出会いがありますように!

\英語が喋れなくても、中国語が喋れなくても、コミュ障でも駐妻にはなれます/

\海外に行ってもOKアピールで、英語はやっておいたほうがいいかも!/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

中国約4年アメリカ約6年の駐在生活を終え、子どもの中学・高校ダブル受験のため母子で帰国。
小6・中3で英検準1級合格。
偏差値69の大学付属私立中・高に同時合格。
そんな経験をこれから駐在する・駐在中・帰国する皆さんにお届けします。

コメント

コメントする

目次
閉じる