帰国子女受験に取っておきたい有利な資格、英検・TOEICの目安は?

帰国子女受験に英検を 海外駐在中の英語

帰国後受験に有利な資格って何?

海外駐在中に取っておいたほうがいい資格は?

 

知佳
知佳

ずばり!英検準1級目指して頑張りましょう!

 

こんにちは、知佳です。

はじめましての方のために、知佳のプロフィールをちょっとだけご紹介。

・2004年から1歳・4歳の子供を連れて中国に駐在、約4年半
・2011年から約6年間、小1、小4の子供を連れてアメリカ駐在
・アメリカ駐在中、中学受験と高校受験を同時に経験しています
・下の子(小6時点)TOEIC785点・上の子(中3時点)TOEIC815点。
・小6、中3で英検準1級取得しています。
・偏差値69の中高一貫校に入学しました。

我が家はアメリカで高校・中学のダブル受験をしました。

 

知佳
知佳

子供たちがちょうど3歳差だったので、一回ですべてが終わりました。

 

海外子女向けのコースがある通信教育【すらら】 や、帰国子女の高校受験対策に【スタディサプリ】VS【Z会】どっちにする? の記事でも書きましたが、

実は、中学受験・高校受験・大学受験を比較したとき、高校受験は帰国生のための配慮がもっとも少ない受験といえるんです。

 

知佳
知佳

少しでも帰国受験が有利になるように、英検準1級とTOEIC800点台を目指しましょう。

 

\目次をクリックすると見たい項目にジャンプします/

英検・TOEIC・TOEFL・IELTS…どれを取ればいいの?

子供の勉強

英検・TOEIC・TOEFL・IELTSなど、英語の資格っていくつかありますが、

中学・高校受験で取っておくといい資格はどれかというと、

 

知佳
知佳

受験目的であれば、英検。さらに保険でTOEIC。

がベストだと思っています。

 

英検

中学・高校受験をするなら、一番受けておきたいのが英検です。

 

というのも、多くの教育機関で入試における内申点の加点や、試験免除があるからです。

入学前も入学後も、英検が決め手!
多くの学校で英検・TEAP・IELTSを入試に活用できる「入試活用」制度や、
入試以外でも活用できる「英検活用」制度があります。

※英検公式サイト 英検・TEAP・IELTS 活用校検索ページから引用

 

学校によっては、5級でも何かしらの優遇を受けられる場合もありますが、履歴書に書けるのは3級から。

ただ、帰国子女だと最低でも準2級は取っておきたいところです。

 

ちなみに我が家の子供たちは

下の子 上の子
5級 幼稚園年長 1年生
4級 受けていません 3年生
3級 受けていません 受けていません
準2級 4年生 中1
2級 4年生 中1
準1級 6年生 中3

の学年で取得しています。

 

知佳
知佳

最初は、英検テキストの問題に書いてある漢字にルビを振って意味を教えるところから始まりました…。

 

2級以降の試験会場はニューヨークだったので、

 

知佳
知佳

試験を受けるだけでちょっとした旅行…お金も時間もかかってかなり大変でした。

 

TOEIC

TOEICは、今や就職には必須の試験なのではないでしょうか?

大学入試でも、TOEICスコアを重要視する学部が増えています。

 

我が家も、帰国の1年前から英検と一緒にTOEICを受験しています。

というのも、英検って年3回しか受験できないですよね。

 

知佳
知佳

さらに、3月のニューヨーク受験は大雪や寒波のリスクを伴うのでパスすることが多かったんです。

 

志望校の特別推薦枠の受験条件が(それ以外の語学検定もあります)

志望中学校の特別推薦枠受験条件
  • 英検:準1級以上
  • TOEIC:720点以上
志望高校の特別推薦枠受験条件
  • 英検:準1級以上
  • TOEIC:780点以上

だったので、毎月のように開催されているTOEICを保険のために受験しています。

 

下の子は、小6で785点(1回しか受けていません)

上の子は、中3で、1回目は780点に満たなかったので、次の月にもう一度受けて、

2回目で815点を取っています。

 

TOEFL

TOEFLは、英語を母国語としない国の人々が対象のテストです。

アメリカの大学進学を希望している、大学受験のために日本に帰国する、という以外は無理して取る必要はありません。

 

ウチの上の子も1度受験しましたが、

知佳
知佳

とにかく、試験時間が長い!

今は少し短くなったといわれていますが、それでも4時間弱くらい時間がかかります。

 

知佳
知佳

もし受験するのなら、バナナやチョコレート、小さいおにぎりとかを持っていきましょう。

 

IELTS

アメリカ以外の国、特にイギリスの大学進学を希望している場合は、IELTSが必要です。

日本で受験を実施しているところが非常に少なく、また、受験料も高額なので、

 

知佳
知佳

帰国受験には必要ありません。

 

英検・TOEICの勉強の仕方

勉強中

英検の場合、3級から二次試験(面接)があるのですが、

英語圏に住んでいて、普段英語を話しているのであれば、

 

知佳
知佳

準2級までなら、二次試験用の特別な勉強をしなくても合格できると思います。

ただ、英語圏に住んでまだ日が浅いとか、会話が苦手という場合は、3級でも気を抜けません。

 

英検準2級以上は集中して勉強する必要がある

それより、英語圏に住んでいる人は一次試験の勉強をしっかりする必要があります。

 

というのも、感覚でしか英語を理解していなくて、文法がかなりいい加減な子が多いので、いざ試験となると点数が取れません。

 

知佳
知佳

うちの子もそうでした。

 

でもそういう子って、英検の勉強を始めると、ものすごく伸びたりするんです。

今までしゃべっていたことに「理由」がつくので、

 

だからこの言葉を使うんだ!

って、ピーンとくるみたいですよ。

 

今まで何となく使ってきた「英語」は帰国して使わなくなると

 

知佳
知佳

びっくりするくらいすぐ忘れます!跡形も残りません…

 

でも、文法を勉強して「定着」させることによって、

 

忘れにくく思い出しやすくなる。

 

また、小学生、中学生のうちに帰国した場合や、英語圏に住んでいた期間が短かった場合でも、英語保持のために英検を取ることをお勧めします。

 

ただ何となく、英会話教室に行くよりも、目標をもって英語を勉強することで、

 

知佳
知佳

日常で英語を使う習慣ができます。

 

そしてそもそも、2級以降になると、出てくる単語がものすごく難しくなります。

 

普段学校でこんな言葉使ったこともないし、見たこともない。

という単語がいっぱい出てきます。

うちの子曰く、

準2級と2級の壁は厚い!

さらに、2級と準1級の壁はもっと厚い!

 

らしいので、英語圏に長く住んでいたとしても、集中して勉強する必要があります。

 

知佳
知佳

英語がペラペラだからと言って、簡単に取れる試験ではありません。

まずは、英検公式サイトに過去問がたくさん置いてあるので、どの級が最適なのか、どれくらい点数が取れそうなのか、試してみてください。(→英検公式サイト過去問に直接ジャンプ

 

TOEICは時間配分がポイント

TOEICの場合、

・part1からpart4までのリスニングセクション(約45分 100問)と、

・part5からpart7までのリーディングセクション(約75分 100問)

にわかれています。

 

知佳
知佳

2時間で200問と問題量が多いので、テンポよく解いていくことがカギになります。

 

受験当時小学校6年生・中学3年生だったうちの子たちは、

 

最初のリスニングはそれほど問題がないけれど、後半がリーディングなので、集中力が持たない。

 

実際、TOEICの勉強を始めた最初の頃は、時間内に200問解くことができませんでした。

これは、単語力不足と、文法の理解度のなさ、そして、経験不足からくるものです。

 

効率がいいのはやっぱりプロの手を借りること

うちの子たちは、英検2級から英検対策講座を受講しています。

準2級までは、自分たちで問題集をするだけで合格することができました。

 

知佳
知佳

2級以降となると、プロの手に任せたほうが効率がいい。

2級以降、特に準1級や、1級ともなるとかなり難しい言葉がたくさん出てくるので、簡単に合格することはできません。

 

知佳
知佳

現に、ウチの子は二人そろって、準1級に1回落ちています。

 

TOEICに関しては、入学願書を出すまでに取得したかったので、対策講座を受ける時間がありませんでした。

市販のテキストをそれはもう、何度も何度も繰り返し集中して勉強しました。

\うちが使ったのはこの3冊だけ!/

 

二人同時に受験したので、飽きないようにこの3冊を繰り返し、ローテーションしながら使いました。

 

知佳
知佳

この3冊すべて買わなくても、この中の1冊どれかをやり込めば、コツはつかめると思います。

 

帰国子女受験に取っておきたい有利な資格、英検・TOEICの目安:まとめ

スクールバス

今回は、帰国受験で取っておいたほうがいい英語の資格をご紹介しました。

受験はまだ先だと思っていても、海外で暮らしているうちに英検だけは取っておきましょう。

 

知佳
知佳

帰国すると英語は日々忘れていきますし、英検まで手が回りません。

 

英検は年3回しか受験することができないので、海外で受験するのか、一時帰国の時に受験するのか、しっかりと計画を立てて取得していく必要があります。

 

ウチのように、計画通りにいかないこともあるので、

 

知佳
知佳

1~2回落ちても大丈夫なくらいの余裕をもって、計画してくださいね。

 

そう考えると、やっぱりプロの手を借りて、短期集中で一気に合格に持っていくのが絶対効率がいい。

kids用の英会話スクールでも、英検対策をしているところはありますが、準1級・1級を扱っているところはほぼないと思ってください。

 

英検に強いリーズナブルなオンラインスクールを調べてみたので、ぜひ参考にしてください!

海外からも受けられる英検1級・準1級対策ができるオンラインスクール
帰国子女受験に取っておきたい有利な資格の記事で、 知佳 取るなら英検準1級を目指しましょう! とご紹介しました...

 

帰国子女の受験は、年々厳しくなってきています。

 

知佳
知佳

少しでも有利に受験が進められるように、短期集中で行きましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました