海外駐在中の小学生に。日本語保持に最適!低学年向け語彙力ドリル

海外赴任中の小学生

うちの子最近会話の中に英語が混じってきたわ!

でも、簡単な日本語なのになかなか出てこないみたい。

そうなんです。小さなお子さんは特に、耳に入ってきた言葉を覚えるのがとっても早いので、

気付いたら、言葉の端々に英語が混じっていることも。

 

知佳
知佳

英語が上達した証拠ではありますが、
ここで一緒に日本語保持もしてしまいましょう!

 

どうしても、英語を話すことに力を入れてしまいがちですが、永住するのではなく、何年後かに帰国するのが決まっているのであれば、小さいうちから日本語はしっかり学習しておく必要があります

小さいうちは言葉を覚えるのも忘れるのも、光の速さです!

この先、日本語を忘れてしまわないように、しっかりと「日本語保持」を意識して学習プランに練りこむ必要があります。

そんな小学校低学年におすすめの「日本語保持」に最適なドリルをご紹介いたします。

 

たのしく勉強できる! クロスワード で小学校の重要語句を覚えよう

海外駐在中のお子さんは、普段意識して積極的に日本語を学んでいないと

「日本語を読んで理解する」ことが苦手になってしまいますよね。

帰国後日本の学校で「国語の時間がつらい、嫌い」になってしまったらかわいそうです。

なるべく楽しく、たくさんの言葉を覚えるのにとてもいい教材が

クロスワードパズル

です!

 

まず、1-2年生でやっておきたいのが

たのしく勉強できる! 小学生の重要語句クロスワード 1・2・3年生


このクロスワードのおすすめポイントは、

各教科書や学習参考書の中から、考える元となる重要語句を精選しました。
クロスワードという形で行うことで、効率的に各教科の単語を学べます。

と書かれている通り、実際に小学校の各教科で使われる単語をクロスワードパズルというゲームに組み込んでいるところです。

ただたんに、いろんな言葉を使って遊ぶのではなく、各教科に絡めて考えるところがとても使いやすい!

特に、海外現地の学校に通っている子は、補習校に行っていたとしても、

日本の理科や生社会、音楽、生活、体育

などの言葉を知らずに帰国することが多いです。

 

問題の中にも、どの教科で使っている言葉なのか提示してあるのがすごく良い!

ちょっと背伸びした問題には「調べてみよう」というマークがついていて、

言葉の意味を自分で調べるきっかけにもなります。

このクロスワードから→他教科への学習

といった道を作ってあげると、スムーズに「知りたい」欲を刺激してあげられるのではないでしょうか?

 

そしてもう一つご紹介したいのが

金田一「トライアングル」式 はじめてのクロスワード


こちらのおすすめポイントは、「トライアングル方式」

パズルミニ辞書、そして難しい言葉はお助けリスト

この3つを行ったり来たりしながら、パズルを完成させる。

という志向です。

 

実は、これ

辞書引き学習」の導入にはもってこいなんですよね!

日本では、小学校3年生から始まるのですが、

出来るだけ早いうちから辞書引き学習をさせた方がいいと言われています。

 

ただ、いきなり分厚い辞書を渡されるとなんとなく「勉強色」が強くて抵抗感が出てしまう場合も。

 

そんな時に、ゲーム感覚でクロスワードをやりながら、

ミニ辞書で調べてみる→答えがわかって面白い

という経験を積めば、

「もっとたくさんの言葉が書かれているよ!すごいね」

と、スムーズに分厚い辞書にもレベルアップできますよね。

 

クロスワードパズルで楽しく語彙力を増やしてみませんか?

 

4年生までに身につけたい 言葉力1100で中学受験に備える

次にご紹介するのが、もう少ししっかりと勉強したい!というお子さんのために

4年生までに身につけたい 言葉力1100


この本の内容は、小学校で学ぶ

  • 名前の言葉
  • 動き・様子の言葉
  • 表現を豊かにする言葉
  • 自然とくらしの言葉

がイラストとともに紹介されています。

大人でも、急に意味を聞かれるとわかりやすく説明することが難しい言葉

ってありますよね。

 

このシリーズには3年生から6年生用として、国立・私立中学の入試問題に出た言葉を精選した中学入試用として用意されています。

なので、まずは、こちらの4年生までに身につけたい 言葉力1100をやり切ってから

中学入試 言葉力1200―文章が読める!わかる!書ける!→リンク 

中学入試 言葉力ドリル 実戦編: 小学3~6年生用→リンク

に進むのをお薦めしますよ!

「1日ひとつのことだけ日記」で貯め込んだ語彙をアウトプットしよう!

最後にご紹介したいのが、ちょっとだけ志向を変えて

1日ひとつのことだけ日記


皆さん、日記ってつけていますか?

私は、小さいころから何度となく日記をつけたいと願いチャレンジしてきましたが…

10日以上続いたことがありません…。

育児日記ですら。

家計簿ですら…

 

この日記は、毎日何かしらのお題があるので、

何から書けばいいの?何を書けばいいんだろう?と悩むことがありません。

そして、1日に1つのことしか書かなくていいのです。

でも、その季節にしか書けないお題だったり、その時の気持ちを書いたり。

なので、振り返って読み返したときに、その時の気持ちがよみがえってくるはずです。

 

著者の言葉に

日記ってね、書くことよりも、
本当はこうして1日の自分を振り返ることが意味あることなんだよ。

でもさ、人間はみんな覚えていられない。
そこで記録なんだ。
それは本当の「生きる勉強」だね。

と、ありました。

本当に、人間は忘れてしまう生き物ですよね。

その時に感じたこと、気持ち、風の温度、土のにおい。

ましてや、海外での刺激的な生活の中、覚えておきたかったことは沢山あるはずです。

せっかく語彙力を高めるために覚えた言葉を使って、

アウトプットしていきましょう!

1年日記を書ききった後振り返ったときに、自分の成長の記録として残っているのは

最大の自信にもつながりますし、一生の宝物になるに違いありません。

ぜひ、1月1日から始めてみてください!

 

まとめ:小学校低学年向け語彙力ドリル

いかがでしたか?
今回は3種類の日本語語彙力維持ドリルをご紹介いたしました。
  • たのしく勉強できる! クロスワード で小学校の重要語句を覚えよう
  • 4年生までに身につけたい 言葉力1100で中学受験に備える
  • 「1日ひとつのことだけ日記」で貯め込んだ語彙をアウトプットしよう!
日本にいたら自然に入ってくる言葉も、海外駐在中はなかなか難しいものです。

感性が豊かな小学校低学年のうちに

日本語の美しさ、複雑さ、面白さ

を体感してもらう。

そして、その時感じた気持ちを言葉にして書き残す

 

知佳
知佳

帰国した後のことも考えて、しっかりと日本語を楽しみましょう♪

日本語維持には漢字検定もおすすめです!毎年コツコツ受験しましょう。

海外駐在中の小学生は必見!今漢字検定を受けた方がいい理由
皆さん、漢字検定って知ってますよね? 公益財団法人 日本漢字能力検定協会が主催する検定です。 毎年年末に、京都の清水寺で「今年の漢字」を発表したりす...

コメント

タイトルとURLをコピーしました