LEGOってどうなの?駐在中の小学生に!自宅で本格プログラミング

海外赴任中の小学生

レゴを買おうと思ったんだけど、どれがいいのかわからない

プログラミングができるレゴがあるみたいだけど、違いが判らない

 

知佳
知佳

そんな意見が多かったので、今回はレゴについてちょっと調べてみました。

 

プログラミングできるレゴは大きく分けて4つ。
プログラミングできるレゴ
  • ブースト
  • WeDo2.0
  • 玩具版 マインドストームEV3
  • 教育版 マインドストームEV3
それぞれの特徴や違いを詳しく比較していきます。

この記事を読み終わると、自分のお子さんにぴったりのプログラミングレゴを見つけることができますよ。

 

玩具版 レゴ(LEGO) ブースト  クリエイティブ・ボックス

レゴ

以前、「2020年から始まるプログラミングにあわてない!海外駐在中の勉強法

という記事でもご紹介したレゴ ブースト

Amazonや楽天などで購入することが出来るこちらの商品

対象年齢7歳~12歳

作れるロボットはなんと5種類

子猫のフランキーやギターなど、個性的なラインナップです。

 

プログラミングは専用のビジュアルプログラミングアプリで、その他の言語には対応していません。

 

5種類のキャラクターはそれぞれできる機能が違います。

legp

例えば、ロボットのバーニーができることは

  • 話しかけると気分に合わせて顔の表情を変える
  • 障害物や色を認識したり、距離も感知できる
  • 肩のシューターからダーツを発射させることだってできる!
    などなど…

ギター4000ができることは

  • 色を認識するプログラムを使って、ロックな音楽を演奏
  • サウンドエフェクトを楽しんだりできる。
    などなど…

 

プログラミングが出来るレゴにしてはお値段も安く(約1万8千円ほど)、

プログラミング続けられるか不安だわ、という入門編にはピッタリの商品になっています。

 

安い!入門編!とはいっても、5種類のキャラクターを作ることが出来るので、長いこと遊び倒すことが出来る、かなりコストパフォーマンスの良い商品だと思います。

教育版 レゴ(LEGO)WeDo 2.0 (45300)

レゴをする少年

さて、この教育版レゴ WeDo2.0

あまりAmazonや楽天では取り扱いがありません。

というのも、教育版とうたわれているだけあって、教育機関向けのパッケージです。

 

知佳
知佳

Z会のプログラミング講座の基礎編はこのWeDo2.0を使っています。

 

LEGOブーストと何が違うのかというと。

パーツの数とか、センサーの違いとかもありますが、

 

知佳
知佳

大きな違いはプログラミング言語です。

ブーストは「専用のビジュアルプログラミングアプリ」で、その他の言語には対応していません。

WeDo2.0のプログラミング言語は Scratch(スクラッチ)です。

 

2020年教育改革で使われるプログラミング言語がスクラッチなのではないか、と言われています。

 

小学生は、プログラミング言語を習得するのではなく、プログラミング的思考(論理的思考力・問題解決能力)を養うものだと言われていますが、

貧乏性で素人考えの私は、

知佳
知佳

じゃあ、どうせなら学校で習うと言われているスクラッチをやった方がいいんじゃない?

と、考えてしまいます。

 

このWeDo2.0は、Amazonや楽天ではほぼ手に入れることは出来ません

(Amazonで売ってはいますが、アメリカからの並行輸入盤になります。)

どうやって手に入れるかというと、今回ご紹介する方法は二つ。

 

一つはZ会のプログラミング講座基礎編を受講する。

Z会のプログラミング講座は12回・1年間で基礎編が終了します。

ただ、残念なことに、こちらの教材は海外発送していないので、

日本から毎月、祖父母や親戚、お友達などに送ってもらう必要があります。

 

もう一つの方法が、正規代理店から購入する、ということです。

正規代理店もいくつかあるのですが、私が一番分かりやすいと感じたのが

5歳からの「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」


アフレルで購入すると、追加のテキストがあったり、失くしてしまったパーツなどを購入できるサービスがあるので安心ですね。

 

さて、気になるお値段ですが、Z会のプログラミング講座は

Z会プログラミング講座 with LEGO® Education 基礎編 受講会費
受講料 [毎月払い(月額)] 5,093円
[12カ月一括払い(月額)]  51,942円
(1カ月あたり:4,329円)
LEGO®WeDo2.0
基本セット
26,620円
(初回のみ)



トータル78,562円

それプラス、日本からの毎月の送料、ということになりますね。

 

対して、正規代理店から購入する場合、LEGO WeDo2.0 基本セットとワークブック6冊がついて

32,700円(税込35,970円)になります。

 

知佳
知佳

どちらにしても、なかなかのお値段です。

ただ、日本では2019年の子供にさせたい習い事ランキング1位になっているプログラミングです。

プログラミング教室に通うことが出来ない海外で、しかも、プログラミング教室に通うことを考えれば、

 

知佳
知佳

あれ?案外お安いのでは?と思ってしまいます。

 

アフレルの詳しい情報はこちらから!

成長記・体験記なども載っていて、参考になりますよ♪


玩具版 レゴ(LEGO)マインドストーム EV3

もう少し大きくなったら、マインドストームEV3がおすすめです。

対象年齢10歳から 約62,000円

ブーストやWeDo2.0に比べて色味も渋くなり、よりロボット感が強くなっています。

一言でいうと、カッコイイ。

 

マインドストームでも、5つのロボットを作ることが出来ます。

  • グリッパー:パワフルなグリッパーで重い荷物を持ち上げるのが好きなマッスルロボット
  • R3Ptar:信じられないコブラのようなスピードで恐ろしい毒牙を使って攻撃する。
  • Spik3R:稲光のする尻尾を持つ6本足の獣。
    などなど
知佳
知佳

いかにも!男子が好きそうな外見とフレーズです。

実は、このマインドストームEV3には、教育版もあるんです!

玩具版と教育版の違いについては、次の章でご紹介しますね。

ちなみに、AmazonなどでマインドストームNXTというのもありますが、

NXTはEV3の一つ古いバージョンです。

教育版 レゴ(LEGO)マインドストーム EV3

では、教育版マインドストームEV3は、玩具版とどのような違いがあるのでしょうか?
2020年プログラミング必修化に先手!家庭で学べるレゴ ロボット。

玩具版が「少年心をくすぐるようなかっこよさ」であるのに対し、

教育版は「科学室、実験室のようなクールさ」があります。

 

若干趣旨から外れてしまいますが、パーツごとのトレイが、親としてはポイント高し!です。

お安いものではないので、きちんとあるべきところに仕舞って、

知佳
知佳

しっかり自分で管理できるようになってほしい。

そんなささやかな願いもかなえてもらえそうなパッケージです。

 

さて、本題に入りましょう。

実際の教育版と玩具版の違いを、先ほど紹介した正規代理店「アフレル」から抜粋してみました。

 

まずは、ハードウェアの違いについて

No 教育版EV3 玩具版EV3
1 インテリジェントブロック本体 1 1
2 Lモーター 2 2
3 Mモーター 1 1
4 超音波センサー 1 0
5 タッチセンサー 2 1
6 カラーセンサー 1 1
7 ジャイロセンサー 1 0
8 赤外線センサー 0 1
9 赤外線ビーコン(赤外線リモコン) 0 1
10 リチャージブルバッテリ 1 0
11 DCアダプタ オプション 0
12 パーツ数 541パーツ 550パーツ
13 トレー ×

超音波センサージャイロセンサーなど、は教育版にはありますが、

赤外線センサーに関しては、玩具版のみになりますね。

 

次にソフトウェアの違いについて。

No 教育版EV3 玩具版EV3
1 Lobby (ソフトウェアのメインメニュー)
2 プログラミング
3 データロギング ×
4 コンテンツエディター ×
5 ロボットエデュケーター △(5つのモデル組立図)
6 サウンドエディター
7 イメージエディター

データロギングとは、

  • 簡単に言うと、起こった出来事についての情報の記録を残すことが出来る機能

コンテンツエディターとは、

  • 教育版なので、先生がアクティビティの編集や調整、カスタマイズをすることが出来る機能

という感じでしょうか。

 

このマインドストームEV3は
  • 教育版EV3ソフトウェア
  • C
  • Java
  • C#
  • Python
  • LabVIEW
  • ScratchScratchの画像

といった、幅広いプログラミング言語に対応しています。

 

ちなみに、Z会プログラミング講座 発展編で使う教材は

教育版マインドストームEV3を2年間かけて行います。(現在申込受付を停止中

Z会プログラミング講座 with LEGO® Education 発展編 受講会費
受講料 [毎月払い(月額)] 7,129円
[12カ月一括払い(月額)]  72,706円
(1カ月あたり:6,059円)
教育版
レゴ®マインドストーム®EV3
基本セット
58,850円
(初回のみ)

無料資料を取り寄せる【Z会プログラミング講座】

 

こちらが正規代理店「アフレル」のデビューセットです。

10歳からの「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル」
デビューセット   63,300円(税込69,630円)

lego-mind

正規代理店「アフレル」を一度覗いてみるとわかるのですが、

本当に詳しく分かりやすく説明されています。

ただ単に商品の説明だけではなく、使った子供たちの成長記・体験記なども載っていて、

どのように楽しんでいるのか、使ってみた先には何があるのか、客観的に見ることが出来ます。

 

知佳
知佳

お安いものではないので、ぜひ本物を見て、体験していただいてから、検討するのがいいのではないかと思います。

 

アフレルサイトにはイベント情報体験できる施設なども載っていますので、

駐在前、もしくは一時帰国中などに 参加してみてください!

 

さらに、もっと極めたい人用に…

ロボコンセットなどの拡張キットも数多く用意されていますよ!

まとめ:プログラミング教室に行かなくても?LEGOってどうなの?

レゴ

さて、今回4種類のプログラミング対応レゴをご紹介しました。

日本では、2020年から始まるプログラミング授業のため、プログラミング教室が大人気です。

2019年、子どもにさせたい習い事ランキング1位がプログラミング教室でした。

そして、将来なりたい職業ランキング中学生男子も、高校生男子も

ITエンジニア・プログラマやゲームクリエイターなどがランクインしています。

一昔前は、IT土方などと言われたり、

なかなか家に帰れないつらい職業だと思われていましたが、

今の時代、リモートワークなどでどこにいても仕事ができる環境も増えていますし、

下世話な話、結構稼げるお仕事です。

 

たとえ、将来プログラマにならなくても、このプログラミング的思考(論理的思考問題解決能力

さらに言うと、思考力・判断力・表現力などが楽しみながら付くのであれば

小さいうちにやっておくべきだと思いますよ!

 

知佳
知佳

比較的簡単なところから、かなり本格的なものまでご紹介しました。
お子様の興味に合わせて、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

そのほかの幼児・小学校低学年用プログラミング教材を知りたい方はこちらをご用意してあります!

ぜひ合わせてご覧ください。

海外駐在中でもあわてない!入学前からプログラミングに親しもう
2020年から小学校でプログラミングが必修授業になるって聞いたんだけど。 プログラミングって専門の...
駐在中の未就学・低学年におすすめ!おもちゃを使ってプログラミング
海外だとプログラミング教室もないから、自分で教える必要があるのかしら… プログラミングって難しそうで、もし子供に質問されたら答えられそうにない… ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました